初心者ブロガー向けの記事を公開中!

ブログのキーワード選定方法を解説します!【完全初心者向けです】

こんにちは!NattunBlogです。

今回はブログのキーワード選定について完全初心者向けに解説します。

のアイコン画像

キーワード選定が重要とよく聞くけど、どう選定すればいいのか分かりません。
そもそものキーワード選定の重要性についても教えて欲しいです。

このような疑問にお答えします。

この記事を読み終えた頃には、キーワード選定の重要性と選定方法、注意点を理解でき、SEOマスターになっている状態かと思いますので是非最後まで読んでみて下さいね。

目次

キーワードの重要性と選定方法について

キーワード選定はサイトを上位検索&PV数を伸ばすために超重要な作業となります。

キーワード選定をしないと、

  • そのキーワードについて需要が全くないからそもそも検索されない
  • そのキーワードの競合が多すぎて上位検索がされない

といった問題が出てきてしまい、何も対策をせずにキーワードを選定してまうとこのような状態に陥ってしまいます。

またブログにおけるキーワードは「その検索キーワードに対して、的確な回答をしていること」が非常に重要になります。

その根拠としてGoogleが以下のように公言しております。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」と述べたことがあります。Google が実施しているテストでは、ユーザーが質問に対する答えをすぐに手に入れたいと考えていることが、長年にわたり一貫して示されています。そこで Google では、最も関連性の高い回答を、より速く、ユーザーが探している情報のタイプに最適な形式で提供するために、さまざまな改善を重ねてきました。

引用元:有益な情報を最適な形式で

このように、ユーザーが入力した検索キーワードをもとにぴったりの答えを返すことができることが重要とされ、キーワードを選定することはサイトを上位表示させるために非常に重要になるのです。

①:初心者は「ロングテールキーワード」を意識せよ

ロングテールキーワードとは複数のキーワードを組み合わせたキーワード のことを言います。

例えば 「ブログ キーワード 選定」といったように2、3語の単語の組み合わせです。

ロングテールキーワードは複数の単語を組み合わせるため、ニッチな市場を狙うことができます。月間に検索する人数やそもそもの記事数も少ないため、今からでも十分に上位検索表示を狙うことができます。

それに対して、「ブログ」はビッグキーワード呼ばれます。ビッグキーワードは検索するユーザーや記事数が多すぎるため、上位検索表示はほぼ不可能なため、ビッグキーワードから狙っていくのは避けたほうがいいです。

カテゴリーキーワード例月間検索ボリューム
ビッグキーワードブログ10,000回以上
ミドルキーワードブログ キーワード1,000〜10,000回
ロングテールキーワードブログ キーワード 選定1,000回未満

そのため初心者はロングテールキーワードから記事を書いていくことを意識していきましょう。

②:ツールでキーワードボリュームを調べる

以下のようなツールで検索のボリュームを調べることができます。

  • キーワードプランナー
  • 「ubersuggest」(ウーバーサジェスト)

ここでは「Ubersuggest」を使った簡単なキーワードボリュームの調べ方をご説明します。(特徴も記載しておきます)

  • Google検索におけるキーワードの統計データやそれに関連する情報など、SEO対策をする上で必要な情報が豊富
  • Googleの「キーワードプランナー」の技術をもとに設計されているため信頼性が高い
  • 2019年には日本語対応しているため、より簡単にキーワードボリュームを調べることができる

Ubersuggestではキーワードを入力するだけで、月間の検索ボリューム(VOL)やオーガニック検索の難しさ(SD)が分かります。

また注目したいのがキーワードを入力するだけで関連するロングテールキーワードを自動表示してくれます。そのためキーワード候補を選定したい際にも非常に便利です。これはキーワード プランナーにはない機能となっています。

狙い目としては、月間検索が1〜1,000回、さらにSDの難易度は低めがおすすめです。

さて「ブログ キーワード」 で検索をかけると上記のようなロングテール候補が表示されました。

検索キーワードVOLSD
ブログ キーワード 選定32020
ブログ キーワード26020
ブログ キーワード 探し方9014

3つ目の「ブログ キーワード 探し方」は月間検索ボリュームが100以下のため需要が高くないことから対象外とします。

1つ目と2つ目はロングテール的にはちょうどいい狙い目なのでここをターゲットにしていきます。

そしたら、ターゲットにした1つ目と2つ目のキーワードで実際に検索をしてみましょう。

そうすると、

選定キーワード(VOL,SD)仮説
ブログ キーワード 選定(320,20)上位検索は企業ブログと個人ブログが混ざっている状態
ブログ キーワード  (260,20)上位検索は企業・個人ブログが混ざっているが、企業ブログの件数の方が多い

あまり違いはありませんが、検索数からみたニーズの高さを考慮すると1つ目の「ブログ キーワード 選定」で記載した方がPV数増加を狙うことができると思います。

③:検索上位結果表示のサイトを調べる

キーワードが選定できたらそのキーワードで再度検索し、上位表示の記事を参考にしながら記事を書きましょう。

また記事を書き始める前に、見出し(h2 h3タグ)を決めておきましょう。他の記事を参考にしながら書くとどうしても同じような内容になってしまうため、見出しを決めておくことでオリジナリティーを出すことができます。

だいたい上位3記事ぐらいを参考にしながら、要点や良いところをピックアップして良質な記事を完成させましょう。

キーワード選定の注意点

キーワード選定においてはいくつか注意点があります。

以下の注意点を抑えてキーワード 選定をしていきましょう。

①:キーワードは左詰を意識する

キーワードは左詰を意識しましょう。絶対に左詰にしないとNGというわけではりませんが、SEO的に左詰にした方が上位検索される確率が高くなっています。

例えば、本記事で選定した「ブログ キーワード 選定」と検索すると上位検索ではほとんどキーワードが左詰になっています。

検索意図としては、「ブログのキーワード選定方法を知りたい」なので同じような内容がほとんどですが、左詰にした方が上位検索されます。

『同じような内容、ボリュームであれば左詰にした方がいい』程度です。

※検索意図に沿った記事内容でないと左詰にしても意味がないため、検索意図に沿った良質なコンテンツを書くことを意識しましょう。(Googleは検索意図に沿ったサイトを上位表示させるようアルゴリズムが組まれているためです)

②:同じキーワードは一つのタグに2回まで

例えば、下記のようなタイトルを考えたとします。

【ブログ】ブログのキーワード選定方法ご紹介!ブログ初心者向け

こちらはSEO的にはNGです。なぜかというとSEO的に一つのタグに3つ以上の同じキーワードを入れるのは良くないとされているからです。

当然上記のようなキーワードであれば「ブログ」がしつこいほど入っているので見辛いですよね。。同じキーワードは2つまでとして、ユーザーが見たときに分かるようなタグにしましょう。

③:無駄なキーワードを入れすぎない

タイトルは極力シンプルにしましょう。

例えば、下記ようなタイトルを考えたとします。

【ブログのPV数を伸ばす】ブログのキーワード選定方法を初心者向けに解説します!

上記のようなタイトルだと、「ブログ PV 伸ばす」や「ブログ キーワード 選定」といった各キーワードごとに検索ボリュームがそれなりにあるため、SEO的に上位検索する難易度が高くなります。

そのため、タイトル、タグは選定したキーワードでシンプルにしましょう。

まとめ:キーワード選定から上質な記事を書いていこう!

いかがでしたでしょうか?

ブログにおいてキーワード選定は非常に重要であることをお分りいただけたかと思います。キーワード選定における注意点を意識しながら、ロングテールキーワードで記事をコツコツ書いていき上位検索を狙っていきましょう!

のアイコン画像

楽しいブログライフを〜!

コメント

コメントする

目次
閉じる