初心者ブロガー向けの記事を公開中!

ブログの最適な文字数は?文字数がSEOに影響する時代は終わっています。

こんにちは!NattuBlogです。

今回はブログの1記事あたりにおける最適な文字数について解説していきます。

のアイコン画像

ブログで上位検索表示を狙いたいです。
文字数をどれくらい書けばSEO的にもいいのか分かりません。
どのくらいの文字数を書けばいいのでしょうか?

本記事ではこんな疑問にお答えします。

ブログを始めたばかりの方の中ではどのくらい文字数を書けば最適なのか悩まれている方が多いかと思います。

しかし、結論から言うとブログにおける最適な文字数は存在しません。

その理由について詳しく解説していきますので是非最後まで読んでみてくださいね。読み終える頃にはSEOと文字数のん関係性について理解でき、上位検索表示の方法についても理解できるようになります。

のアイコン画像

それでは早速解説していきます!

目次

ブログの文字数は直接SEOに影響しない

冒頭でも申し上げましたが、ブログにおける最適な文字数は存在せず、直接SEOに影響することはありません。

2017年ごろは長文がSEOに強いと言われる時代でしたが、今は文字数が直接的にSEOに影響することはなくなっております。

ユーザーファーストになること

ブログで上位検索表示を狙うには読者視点になった記事「ユーザーファースト」でないといけません。

ブログの世界は非常にシンプルでして、検索して訪れた人が読んだときにどれだけ満足度できるか?に応じて検索順位が決められます。簡単に言ってしまえば、ユーザーが満足できる記事であればGoogleが上位検索してくれる仕組みです。

以下3点をクリアできていれば満足度の高い記事であると考えられます。

  • 検索したキーワードから的確な情報を提供できているか?
  • 無駄な情報を付け加えて分かりづらくなっていないか?
  • 潜在的ニーズ(=ユーザーが気づいていない必要な情報)を伝えられているか?

要するに読者の立場になった満足度の高い記事を書けば、Googleからも好まれるので上位検索表示が狙えると言うわけです。

最低文字数はあるのか?

最低文字数も正直なところ存在しません。ただ1,000文字以上は書きたいところです。

理由としては、1,000文字以下ではユーザーが検索した意図に対して十分な情報を提供することができないからです。そうなると、「ユーザーファースト」になった満足度の高い記事ではないのでGoogleからもそのように評価され検索順位が下がります。

ユーザーの意図に沿った良い記事を書こうとすると必然的に2,000〜5,000文字ほどは必要になってきますね。

のアイコン画像

1,000文字以下でもクオリティの高い記事であれば上位表示されている場合もありますが、結構稀なケースですね。

また文字数が長ければ当然、ユーザーの滞在時間が長くなります。滞在時間が長いとSEO的に記事の評価に繋がるのである程度のボリューム感はやはり必要ということになります。

読者を意識しながら記事ボリュームを出す方法

「文字数が多い記事<ユーザーファーストな記事」ということはお分かり頂けたかと思います。

それでは読者を意識しながらある程度の記事ボリュームを出すライティングのコツについて分かりやすく解説していきます。

顕在ニーズと潜在ニーズを考える

顕在ニーズと潜在ニーズを書くことを意識すると自然と記事ボリュームも増え、加えてユーザーファーストな記事に繋がるので絶対に押さえておきたいポイントです。

ブログで稼いでいく上では絶対にスルーできない超重要ポイントとなります。

  • 顕在ニーズ:読者も気づいている情報
  • 潜在ニーズ:読者は気づいてはいないけど本当は求めている情報

例えば、「ブログ 3万円 稼ぎ方」と検索されることを想定とした記事の構成を考えてみたとします。

  • 顕在ニーズ:ブログで3万円を稼げる方法を知りたい
  • 顕在ニーズ:ブログで3万円を短期間で稼げる方法を知りたい

このようにおそらくユーザー自体はそこまで考えていない情報や気づいていない情報に触れてあげると、ユーザーの満足度も必然的に高くなり「ユーザーファースト」な記事を書くことができ記事ボリュームも増します。

これらのニーズを意識すると、検索上位を狙える記事を書けるという仕組みですね。

のアイコン画像

120%ぐらいの記事を書くことを意識していきましょう。

記事構成を決め、見出しを上手く活用する

いくら有益な情報を書いたとしても見出しが少なく、まとまりのない記事となっていると読者やGoogleからも評価はされません。

記事構成を決め、見出しを使って各コンテンツやプロセスを分けて書くことによって読みやすい記事となり、その分記事ボリュームも増します。記事を書く際には以下のようなフローで書くことをオススメします。

STEP
キーワード選定+競合分析

記事のキーワードを選定します。

例えば、「ブログ 3万円 稼ぎ方」というキーワードを選定して、そのキーワードで検索してみて上位3表示程の記事を分析します。

STEP
タイトル決め

STEP1で決めた検索キーワードを含めて、読者が思わずクリックしたくなるようなタイトルを確定します。

例)ブログで3万円を稼ぐ方法をご紹介【最短で稼げます】

※この時キーワードは右詰人するとSEO効果が高くなります。

STEP
H2,H3タグを決める

タイトルが決まったらh2,h3のタグを決めましょう。タグ下にどんな内容を書くかもある程度メモしておくと後ほどスムーズに書けます。

ここの段階で構成を事前に決めることでユーザーが読みやすい記事にすることができますよ。

また潜在的ニーズについても入れるようにしましょう。

潜在的ニーズ例)h2タグ:最短で稼ぐためには? 等

STEP
一旦休憩

ここまででもじっくりやると結構疲れますので一旦休憩しましょう。

無理して続けると質の低い記事になりかねないので休憩は大切です。

STEP
冒頭分

挨拶から始め、本記事の全体像を伝えるようにしましょう。

また、どんな悩みを持っている人が読むべき記事なのか?も最初に付け加えてあげると最後まで読まれる確率が高くなります。

STEP
本文

h2,h3タグ下にざっくりメモした内容を元に詳しく記事を書いていきます。

上位3表示記事をを参考にしながら書くとさらに質の高い記事が書けます。上位表示をするためには上位表示よりもいい記事を書くことを意識しましょう。

STEP
まとめ

最後にまとめを書きます。

STEP
アイキャッチ画像&h2タグ下の画像挿入

記事を書き終えたらアイキャッチとタグ下の画像を挿入します。

STEP
パーマリンク・メタディスクリプション設定

最後にパーマリンク(記事のURL)とメタディスクリプション(記事の説明文)を設定しましょう。

STEP
記事投稿

最後に誤字脱字がないかをチェックして投稿です!

ざっくりですが上記のようなイメージで記事を書いていくと読みやすい記事を作れます。

その中でも見出しを上手く活用して書いていくことで自分自身でも「あ、この情報も伝えてあげよう!」と潜在的ニーズのイメージにも繋がるので見出しは積極的に使っていきましょう。

のアイコン画像

見出しはSEO的な評価にも繋がるので使っていきましょうね!

SEOで上位表示をするためにやるべきこと

最後にSEOで上位表示をするためにやるべきことを3つに絞ってご紹介してきます。

どれも超重要なので3つとも全て実践することをオススメします。

ロングテールキーワードで書く

基本的にはロングテールキーワードで記事を書いていきましょう。

ロングテールキーワードとは、複数のキーワードを組み合わせた比較的初心者でも上位表示を狙いやすいキーワードのことです。

例えば、「ブログ」だけだと、ほとんど大手企業や有名ブロガーのサイトが上位表示を占めており、無名の個人サイトが今から上位表示を狙うのはほぼ無理です。

そのため、「ブログ アフィリエイト 稼ぎ方」と言ったように複数のキーワードを組み合わせることで初心者でも上位表示を狙うことが十分に可能です。

※ラッコキーワードを使うことで、サジェストワード(そのキーワードとよく一緒に検索されるワード)を確認することができます。ブロガー必須ツールのため積極的に使っていきましょう。

>ラッコキーワード(無料)はこちら

誤字脱字がないかをチェックする

投稿前には必ず誤字脱字がないか、変な言い回しがないかをチェックするようにしましょう。

誤字脱字や日本語的におかしな表現があると、SEO的に低評価として判断されてしまい検索順位が下がる可能性があります。

以下のチェック方法をオススメします。

  • プレビューモードにしてチェック
  • 音読してみる ※超重要
  • 文賢(文書作成アドバイスツール)の導入 ※できれば

プレビューモードで確認→音読してチェックは必須です。特に音読チェックをすることにより、「無駄な説明が多くないか?」「語尾がおかしくなっていないか?」などを客観的に確認することができ、自然な文章を作り上げることができるので、音読の最終チェックは欠かせません。

文賢は有料ツール(月額2,000円)とはなりますが、誤字脱字チェックだけでなく、文法の確認や漢字とひらがなのバランスチェックもしてくれる文章作成アドバイスツールです。

「読みやすい記事」にできるようアドバイスをしてくれる優秀なツールで、クニトミさんも導入しているようなので導入する価値大ですね。

>文賢の導入はこちら

有名ブロガーのサイトを読みまくる

正直なところ、ブログで稼ぐ力をつけるには経験と成功者のノウハウを得ることです。

そのため有名ブロガーのサイトや参考にしているブロガーのサイトを熟読し、ノウハウやスキルを身につけてアウトプットすることがブログで上位検索表示をするのに一番手っ取り早い方法です。

私の場合は、manablogさん、TsuzukiBlogさん、はるぶろぐさんを参考にしてまして、ブログのノウハウを吸収して本サイトで発信しています。もちろん無料で閲覧できるので投資ゼロで出来る最強の方法です。

のアイコン画像

空き時間などを使って読むようにしましょう!

まとめ:文字数より読者のことを第一に考えよう

今回はブログにおける最適な文字数について解説してきました。改めて本記事の重要事項をまとめてみます。

  • 最適な文字数は存在しない
  • ユーザーファーストな記事を書くことに専念する
  • ロングテーキーワードで書く

ブログで上位検索表示をするためには読者のことを第一に考える「ユーザーファースト」の考えが最重要です。

読者の視点になって記事を書けば必然的に文字数も多くなり、ユーザーからもGoogleからも評価され多くの人に読まれる記事となります。それがいわゆる、その記事の最適な文字数となります。

ぜひ、本記事を参考に「ユーザーファースト」な記事を書いてみてください。

のアイコン画像

今回は以上となります!

コメント

コメントする

目次
閉じる