初心者ブロガー向けの記事を公開中!

Fetch as Googleの使い方をご紹介!【インデックス登録は必須です】

こんにちは、NattunBlogです。

今回はGoogleが提供しているWebツール「Google Search Console」の機能の一つである「Fetch as Google」をご紹介します。

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

Fetch as Googleとかインデックス登録とか聞いたこと
がありますが、よく仕組みが分かりません。

本記事ではこのような疑問にお答えします。

難しそうに聞こえますが非常に簡単な内容なので、仕組みと設定について数分でご理解いただける内容になっています。

Nattunのアイコン画像Nattun

また重要な内容なのでしっかり覚えておきましょう!

目次

Fetch as Googleとは?

Fetch as Google(※現在は「インデックス登録をリクエスト」という名称に変わってます)を使うことにより、新しく書いた記事やリライトした記事にクローラーの巡回を促すことができインデックス登録をすることができます。

ここで記事が検索結果に表示されるまでの手順をおさらいしましょう。

検索順位が決まる流れ
STEP
クローリング

GoogleがあなたのWebサイトを発見する

STEP
インデックス

GoogleがあなたのWebサイトをGoogleのデータベースに登録する

STEP
ランキング

インデックスされた情報をもとにGoogleがあなたのWebサイトの検索順位を決定する

上記のようにGoogleが記事を検索エンジンから表示させるためには、まずはクローリングがされないと記事の上位表示どころから認知すらされません。

世の中には膨大な数のWebサイトが存在しております。

その中で「グーグルボット」と言われるプログラムがWebページの意味やコンテンツをGoogleが定めている評価基準をもとに判定して、ユーザーの検索意図に沿ったサイトを優先的に表示できるよう仕組まれております。

そのためにまずは自身のサイトにグーグルボットを呼び寄せるため、Fetch as Google(インデックス登録リクエスト)が必要となります。

※検索順位の決まり方などの仕組みについては『【2020年最新】ブログの集客に必要なSEO対策3つを解説します。』をご覧ください。

Fetch as Googleはいつ使うの?

主に下記のようなときに使います。

  • 新しい記事を投稿した時
  • 記事をリライトした時

主に上記2つのときに使うのが一般的です。

インデックスされないとそもそも検索結果には表示はされませんし、追加で記事の内容を更新(リライト)したときもFetch as Googleを使ってクローラーの巡回を促すようにしましょう。

そのため記事を書いたり、更新する場合は必ずFetch as Google(インデックス登録のリクエスト)を利用するようにしましょう。

Fetch as Googleの使い方

それでは早速Fetch as Googleの使い方をご紹介します。手順は非常に簡単です。

Nattunのアイコン画像Nattun

画像と一緒に解説していきます!

Fetch as Google(インデックス登録リクエスト)の使い方
STEP
サーチコンソールを開く

左上のURLを確認してFetch as Google(インデックス登録)したいブログかを確認しましょう。

STEP
上部の検索欄にインデックス登録したいURLを入力する

インデックス登録したいURLを入力します。

STEP
『インデックス登録をリクエスト』をクリックする

下記のような画面が表示されますが、エラーではないのでご安心ください。

「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。すると以下のような画面が表示されるので少し待ちましょう。

STEP
『インデックス登録をリクエスト済み』となっていたらOK!

OKを押した後、下記のように表示されていればインデックス登録ができています。

補足:記事を更新するときも同じ手順

記事をリライト(更新)するときも全く同じ手順になるので、URLを入力し、「インデックス登録をリクエスト」をクリックでOKです。

以上がFetch as Googleの使い方となります。

Nattunのアイコン画像Nattun

非常に簡単ですね!

Fetch as Googleは必ず使おう!

おさらいとなりますがFetch as Googleを使うのは、主に下記2つのパターンでしたね。

  • 新しい記事を書いた時
  • 記事をリライトした時

使い方は簡単で下記2つの手順のみですね。

  • インデックス登録したいURLを入力する
  • 『インデックス登録をリクエスト』をクリックする

Fetch as Googleは記事を書いたとき、リライトしたときには必須です。使い方も非常に簡単なのでしっかり使いこなしてブログのアクセスアップを狙いましょう!

Nattunのアイコン画像Nattun

今回は以上となります。

コメント

コメントする

目次
閉じる