初心者ブロガー向けの記事を公開中!

ロングテールキーワードの選び方を徹底解説します【上位検索表示を実現しよう】

こんにちは!NattunBlogです。

今回はロングテールキーワードの選び方について解説していきます。

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

『ロングテールキーワード』という言葉をよく聞きますが
正直良く分かりません。基礎知識から選び方についての
コツを教えて欲しいです。

本記事ではこのようなお悩みを解決致します。

現在ロングテールキーワードなしでブログを1から始めて上位表示を狙っていくことはほぼ不可能です。

これから解説していきますが、ロングテールキーワードをいかにうまく使って記事を量産していくかによって今後のブログのアクセスアップに影響してきますので最後まで是非チェックしてみてください。

初心者の方だけではなく、ブログに伸び悩んでいる方にもオススメできる記事になっておりますので是非最後まで読んでみてください。

Nattunのアイコン画像Nattun

ロングテールキーワードがブログ運営を左右します。

目次

ロングテールキーワードについて

それではまずロングテールキーワードについて解説していきます。基礎知識となる以下の3つのポイントを押さえて解説していきますのでしっかり覚えておきましょう。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが比較的少なく複数語を組み合わせるキーワードのことを言います。一般的には3語以上のキーワードを組み合わせていればロングテールキーワードになりますね。

ロングテールキーワード例

例)キャンプ オススメ テント

ビッグワードに比べて、ユーザーが検索する際にある程度目的が明確化しているため、検索ボリューム自体は少ないですが記事をしっかり読んでもらえる確率が高くなります。

そのため商品レビュー記事などを書いていればその分購入される確率も高まります。

※ビッグワードとは、『キャンプ』といったように1語や2語のキーワードのことを言います。月間の検索ボリュームが非常に多く、大体が企業メディアで占領されています。

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードのメリットは大きく以下の3つがあげられます。

ロングテールキーワードのメリット
  • 上位検索がしやすい
  • 質の高いコンテンツが作成できる
  • コンバージョン率が高くなる

複数語を合わせたキーワード検索表示を狙うため、ブログ立ち上げ当初でも(ドメインパワーが弱くても)上位表示を狙うことが十分に可能となります。

またロングテールキーワード(例:キャンプ オススメ テント)であれば、ユーザーの意図が明確なので質の高い記事を書きやすくなります。そうすることでコンバージョン率も高くなり商品やサービスの成約率が高くなります。

※上記の例だと、ユーザーはオススメなテントを求めているため評判の高いグッズのレビュー、クチコミ記事を作成すれば購入される確率が高くなります。(コンバージョン率については後ほど解説します)

ビッグワードにつなげていくことが可能

ロングテールキーワードは月間の検索ボリュームがそこまでありません。大きくアクセスアップを狙うためには何れにせよビッグワードを狙っていく必要もあります。

いきなりビッグワードで上位表示を狙うのは難しいですが、ロングテールキーワード記事を増やしていくことにより可能となります。

例えば、『キャンプ グッズ』というビッグキーワードを狙うために以下のような記事を量産したとします。

  • キャンプ オススメ 調理グッズ
  • キャンプ オススメ テント
  • キャンプ オススメ テーブル

上記のようなロングテールキーワードの記事を量産し上位表示を狙います。その記事から内部リンクを貼って『キャンプ グッズ』のビッグワード記事へ流入を狙うことでビッグワード上位表示も可能となります。

ロングテールキーワードの選び方

それでは以下の手順でロングテールキーワードを選定していきます。非常にシンプルなので常にしっかり押さえていきましょう。

集客したいキーワードを選定する

まずはどんなキーワードで記事を書くか?を決めましょう。ラッコキーワードというツールを使っていくことをオススメします。

例えば、『キャンプ』というメインキーワードを決めたら、ラッコキーワードに入力します。

すると上記のようによくビッグワードと一緒に検索されているサジェストキーワードが表示されるため、これらを参考にしてロングテールキーワードを決めると効果的です。

月間の検索ボリュームを確認する

ロングテールキーワードが決まったら月間の検索ボリュームを確認しておきましょう。以下のようなツールで調べることが可能です。

検索ボリューム検索ツール
  • Googleキーワードプランナー
  • 「ubersuggest」(ウーバーサジェスト)

例えば「Ubersuggest」を使って調べると以下のように検索ボリュームを把握することができます。狙い目は月間検索が1〜1000回がオススメです。

『キャンプ オススメ テント』で調べた場合、月間検索量が210なので比較的狙い目であることが分かります。

※後ほど『月間の検索ボリュームについては気にするべき?』という内容について記載しますが、ある程度の月間検索ボリューム量の確認は必要です。理由としては、あまりにもニッチキーワードすぎて少なすぎる場合は検索流入が全く見込めないためです。

キーワードの選定方法については『ブログのキーワード選定方法を解説します!【完全初心者向けです】』で詳しく解説しているので是非チェックしてみてください。

競合記事を分析して記事を量産する

ここまできたら、選定したロングテールキーワードで一度検索してみましょう。だいたい上位3表示ぐらいの記事を分析し、それを超えるぐらいの記事を書くことを意識しましょう。

大事なのは『ユーザーファースト』な記事を提供することです。今はコンテンツイズキングと言われるほどの時代なので小手先なSEO対策やとりあえず文字量を増やすのではなく、ユーザーが求めている情報に対して120%の記事を書くことを意識して書きましょう。

そうするとGoogleからも適切なサイトとして評価をもらうことができ上位表示を狙うことが可能となります。

ブログのアクセスアップを狙う方法については『ブログのPV数を増やす5つの方法【短期間で増やせます】』で詳しく解説しているのでこちらも要チェックです。

よくあるFAQ

最後にロングテールキーワードを選ぶ際によくある質問や気になる点について解説しておきます。

月間の検索ボリュームは気にするべき?

ロングテールキーワードを選ぶ際に、『月間の検索ボリュームを検索する』で検索量を確認してから記事を書くようにしましょうと述べましたが、結論から言うとそこまで重要ではありません。

なぜかと言うと検索ボリュームが少なくても思わぬキーワードで流入されることがあるからです。

しかしあまりにもニッチキーワードすぎて月間の検索ボリュームが少ない、またはほぼ0の場合が考えられる時はしっかり検索量を確認してから書いていくようにしましょう。

なぜ商品やサービスが購入される確率が高くなるのか?

ロングテールキーワードで記事を書くと、読まれた時に商品やサービスを購入される確率が高くなります。

理由としては、ビッグワード(例:キャンプ)としたら、『キャンプ』で検索をかけた場合は、ユーザーは特に明確な目的を持って検索をしていないため、記事が読まれたとしてもさらっと読まれて終わり、になるケースが考えられます。

それに対して、ロングテールキーワード(例:キャンプ オススメ グッズ)の場合、ユーザーはある程度目的が明確化しているため、記事が読まれた場合にしっかりと読まれる確率が高まります。そのため商品レビュー等であれば購入される確率が高くなるという仕組みです。

※上記を『コンバージョン率(CVR)』と言います。コンバージョン率とはサイトに訪れた人がどれくらいの割合で商品を購入したのかの割合のことを言います。

ロングテールキーワードで上位表示を狙おう!

以上、ロングテールキーワードの仕組み〜選び方について解説してきました。

本記事のまとめ
  • 集客したいメインキーワードを選定する
  • 月間の検索ボリュームを確認する
  • 競合サイトを分析して記事を書く

ロングテールキーワードをうまく活用して記事を書いていくことにより初心者ブロガーでも上位表示を狙うことができます。

さらにそこからビッグワードへつなげていき大きくブログのアクセスアップへ繋げていくことが可能になるため、ロングテールキーワードを攻めていくことは今の時代において必須となります。

Nattunのアイコン画像Nattun

ロングテールキーワードで上位表示を狙っていきましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる