初心者ブロガー向けの記事を公開中!

WordPressテーマなら絶対「SWELL」おすすめします。【初心者はSWELLで決まり】

こんにちは!NattunBlogです。

今回はWordPressテーマ「SWELL」のおすすめしたいポイントをご紹介していきます。

  • WordPressテーマはどれがいい?
  • 「SWELL」って実際どうなの?
  • 「SWELL」のおすすめなポイントを知りたい

上記のような方は本記事を読んでいただければOKです!

WordPressテーマ「SWELL」は使いやすさ・デザイン・機能を兼ね備えた、他のテーマのいいところを全て取り込んだような次世代テーマです。

WordPressテーマ特徴
STORK19スマホでの使いやすさ
JINデザイン性
AFFINGERSEOとスピード

他有名テーマの特徴を全て盛り込んだようなテーマなのでまさに『次世代のWordPressテーマ』と言えるでしょう。

のアイコン画像

ブログ停滞期に入ってしまっている方にも是非おすすめしたいテーマです!

目次

WordPressテーマ「SWELL」とは?

『SWELL』は「シンプルなのに高機能」をテーマとした次世代型のWordPressテーマです。

SWELL最大の特徴は、何と言ってもその「圧倒的な使いやすさ」

簡単にまとめると以下のようなイメージです。

  • 吹き出しやリストの作成がボタン一つ
  • HTMLやCSSのコード知識不要でデザイン性の高いサイトが作れる
  • ブロックエディター完全対応

専門的な知識一切不要で簡単にブログを書いていくことができるので、初心者ブロガーやブログにあまり時間を取れない方には非常にオススメできるテーマとなっております。

またSWELLはブロックエディタに完全対応しています。クラッシックエディターは2021年に終了してしまうので、ここも他テーマにはない圧倒的な強みと言えます。

のアイコン画像

当サイトもSWELLを使っています!

SWELLの口コミ・評判を徹底解説した記事もあるので是非参考にしてみてくださいね。

SWELLをおすすめしたい人

SWELLは以下に当てはまる方であれば絶対に導入すべきです。

  • 記事を素早く書きたい
  • 直感的に操作したい
  • 簡単に他の人とは違うおしゃれなデザインにしたい

SWELLであればこれら全て簡単に実現できます。

有名どころの他テーマをいくつか試した私ですが、使いやすさに関しては軍をぬいており、ブログへの価値観というか、向き合い方が一気に変わりました。

のアイコン画像

正直、最近ブログ運営するのがめちゃくちゃ楽しいです。

価格は17,600円と若干他テーマに比べたら高いですが、正直価格以上の価値を持っているテーマなので、本当に切り替えて良かったと思っています。

\次世代のWordPressテーマ/

それではSWELLのおすすめしたいポイントをご紹介していきます!

SWELL①:デザイン編

まずはデザイン機能から紹介していきます。

SWELLは簡単に記事の装飾やサイト全体のデザインを構築できるので、コード等を使わず直感的な操作が可能です。

文字装飾

マーカーや色、フォントも簡単に設定が可能です。

サンプル

サンプル

サンプル

特に個人的に気に入っているのがストライプのマーカー。

サイト自体が華やかになりますし、他テーマにはないデザイン性ですね!

記事スライダーが標準設定

SWELLでは上記のような記事スライダーが標準で設定されています。

そのためSWELLに切り替えて何も設定しなくとも、トップページがすでにオシャレになっています。

また設定も非常に簡単なので表示させたくない場合も、

「ワードプレスのメニュー」⇒「外観」⇒「カスタマイズ」⇒「[TOP]記事スライダー設定」を選んで、「記事スライダーを表示するかどうか」の「表示しない」をクリックするだけです。

のアイコン画像

余計な設定に時間を取られないのは嬉しいですね!

着せ替えが充実

SWELLにはサイトデザインを一気に華やかにする、着せ替えファイルが用意されています。

デモサイトで気に入ったデザインがあればそのまま自分のサイトに取り入れることが可能なので、簡単にオシャレなサイト構築が可能です。

そのため、着せ替えファイルをダウンロードして少し自分用にアレンジすれば独自のオシャレなサイトが簡単に構築できてしまいます。

\簡単にオシャレなデザインが作れる/

SWELL②:使いやすさ編

SWELL最大の特徴は使いやすさにあります。

ブロックエディターに完全対応しており、ブログを書いていく上で必要不可欠な機能が直感的に使えるようになっているので執筆速度も上がり、ストレス無く記事を執筆することが可能です。

まずはSWELLでブロックエディター(Gutenberg)を使っている様子を動画で見てください。

正直言ってこの操作性は凄すぎます・・。

のアイコン画像

それでは各機能を紹介していきます。

吹き出しやボックス、リスト機能が簡単

HTMLやCSSのコード知識一切不要で吹き出しやボックス、リストが簡単に作れます。

上記のボタンを押すだけで簡単に吹き出しやリスト、その他ブログでよく使う機能が簡単に作れてしまいます。

吹き出しとかも以下のように簡単に設定できます。

のアイコン画像

吹き出しはこんな感じ!

のアイコン画像

「色」や「枠なし」「左右の向き」を選ぶこともできます。

またリストも簡単に設定が可能です。

  • リストサンプル
  • リストサンプル
  • リストサンプル

このように「SWELL」では、HTMLやCSSの知識がなくても、吹き出し 、ボックス(ブロック)、リストなどを簡単に入れることが可能です。

通常のテーマだと、CSSに吹き出しやリスト用のコードを入れて表示させる必要があるため、「面倒だから入れなくていいや・・・」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「SWELL」であれば、ボタン一つで完結です。

グループ化機能

ブロックエディタ特有の機能であるグループ化機能でさらに凝ったデザインにすることができます。

しかもSWELLはそれがめっちゃ簡単です。

  • リストサンプル
  • リストサンプル
  • リストサンプル

上記のようなリストを作り、その後に「グループ化」を押すだけで下記のようないろんなスタイルを選ぶことができます。

  • グループ化サンプル
  • グループ化サンプル
  • グループ化サンプル

こういう作業は基本コードいじってやるのですが、SWELLならボタン押して好きなスタイルを選んでいくだけなので非常に便利ですね。ブログはこういった機能があると作業が捗るので実は超重要ポイントだったりします。

プレビュー見ながらカスタマイズ可能

サイトのデザインやレイアウトを編集する際にプレビューをみながら操作できるので、いちいち画面をいったりきたりする手間がありません。

またHTMLやCSど、プログラミングに関しては全くの無知な方でも、プレビューを見ながらマウスをポチポチするだけでカッコイイデザインが短時間で簡単に作れてしまいます。

SWEWL③:機能編

お次にSWELLならではの機能についてご紹介していきます。

無駄なプラグインが必要ない

SWELLではすでに目次作成や吹き出し作成のプラグイン等、必須プラグインについては揃っています。

また追加でプラグインを導入する場合は、開発者の了さんご本人が推奨・非推奨のプラグインを下記サイトで紹介しているのでプラグイン導入で悩む心配がありません。

SWELL
推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグインについて | WordPressテーマ SWELL
推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグインについて | WordPressテーマ SWELLWordPressテーマ「SWELL」ではどんなプラグインを使用すればいいのか、推奨されるもの・推奨されないもの・基本的に使わなくていいもの・使うなら気をつけて欲しいもの に...

表示速度が速い

SWELLの表示速度は圧倒的な速さです。

あわせて読みたい
PageSpeed Insights
で計測しましたが非常に優秀な数値です。

のアイコン画像

体感的にはもっと速い気がしますね!

複数サイト使用可能

SWELLはライセンス縛りがなく、複数サイトでも使用が可能です。

17,600円という価格ですが、複数サイトを運営される場合はその分お得になるのもありがたいポイントですね。

SWELL④:サポート編

それでは最後にSWELLのサポート体制についてご紹介していきます。

他テーマからの専用乗り換えプラグインがある

SWELLには他テーマからの乗り換え用のプラグインが用意されております。対応テーマは以下の通りです。(※2020/8/1時点

  • SANGO
  • JIN
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

ある程度記事数がある中でのテーマ移行は本当に大変な作業なので、こういった対応は非常に助かりますね。

利用者の要望が開発者に直接届く

開発者である「了さん」が直接、質問や要望に応えてくれることがあります。

  • SWELLに関する質問
  • 不具合報告
  • 要望

ここで発見された不具合は了さんがすぐに修正してくれて、アップデート対応もしてくれます。

ユーザーの声がダイレクトに開発者に届き、「ユーザーファースト」な点もこのテーマの強みですね。

マニュアルやフォーラムが充実している

最初に設定したいポイントや各種機能のマニュアルが充実しているため最初に目を通しておけば一通りのことは把握できます。

また分からないことがあればフォーラムに他の方の問い合わせ内容を見れるので、同様の悩みがないかを探して解決することも可能です。

また購入者限定のSlackコミュニティもあるため、最新のアップデート情報などをユーザー同士で共有することができるため、さらにSWELLテーマを使いこなすことができます。ちなみに無料で利用できます。

のアイコン画像

サポートが徹底しているのも初心者には心強いです!

その他:SWELLテーマ自体をアフィリエイトできる

SWELLテーマ自体を『簡単に』アフィリエイトすることができます。

通常テーマ系のアフィリエイトはASPサイトを経由して運用しますが、SWELLは公式サイトリンク(swell-theme.com)を設定するだけで簡単にアフィリエイトができてしまいます。

のアイコン画像

詳細はこちらをご確認ください!

紹介記事のリンクから購入されれば1件あたり25%の報酬が受け取れますので、1件あたり 4,400円の報酬額です。

人気急上昇中のテーマなので今のうちに始めておけば、かなり稼げる商材ではないかと思います。

SWELLのデメリットについて

デメリットまでは行きませんが、若干懸念される点も紹介しておきます。

  • 他テーマより少し値段が高い
  • 利用者が少ない
  • 細かいカスタマイズは厳しいかも

他テーマより少し値段が高い

価格は17,600円なので他のWordPressテーマの中では少し高めの設定です。

ただ、その価格以上の機能性を誇っているので他テーマと若干の価格差で迷っているのであれば気にしないほうがいいです。

利用者が少ない

SWELLは2019年に発売されたばかりのテーマのため、利用者が他テーマに比べて少なく情報量はそこまで豊富ではありません。

https://twitter.com/odayakanarougo/status/1256472860484239362

しかし、利用者が急増している&フォーラムサイトなどのも専用問合せサイトも設けられているので今後はあまり気にしなくて問題ないかと思います。

のアイコン画像

AFFINGER5等の有名テーマ並みに増えることが予想されます。

細かいカスタマイズは厳しいかも

SWELLは最初から便利機能が装備されている分、細部まで凝ったカスタマイズをするのには向いていないかと思います。

コード編集画面を開くと、他テーマではあるはずの改行がなかったり等、びっしり書いてあるのでコードコピペ系の初心者であると正直設定するのは厳しいです。

しかしそれだけ全て用意されている状態なので、こういった部分に時間をかけなくていいのは嬉しいですね。

まとめ:WordPressテーマに悩んだら「SWELL」!

いかがでしたでしょうか?

SWELLはとことん「利用者の立場を追求」したテーマであることがお分かり頂けたかと思います。

実際に導入して使ってみるとその操作性に感動するので、迷っている方は是非導入を検討してみてくださいね。

のアイコン画像

本当にブログが楽しくなりますよ〜

\次世代のWordPressテーマ/

コメント

コメントする

目次
閉じる